<   2005年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
新たな出発(たびたち)
能登半島にも時代の波が押し寄せ、さまざまな出発がある。

能登空港の開港
新市のスタート 
 ・
 ・
その影でたくさんのわかれがある
閉町・村、それに伴った施設の廃止

そして、今鉄道の歴史にも一行が付け加えられる。
c0073907_78296.jpg

その”のと鉄道”に子供たちとお別れをしてきました。

そして、4月からは新たな出発(たびだち)が始まることでしょう!
c0073907_7182981.jpg

[PR]
by shun-i831 | 2005-03-27 07:24 | ひとりごと
老いた木
老いてもなお見守り続ける・・・
c0073907_22581750.jpg


風に飛ばされた種
この場所に根を下ろし安住の地を得

眼下で作業する農夫を見守り
時には木陰をつくり農夫に安らぎの場所を与え
生い茂る松葉を飛ばし農夫の小言を聞き
訪れる人も無い雪原で
じっと春の訪れを待ち

何十年と歳月がたち老いた木は
人々から忘れられ
いまなおたたずむ

そばを通る人を見送りながら
畦端に腰を下ろし休む農夫の姿を眺めながら
人々が来るうちは

老いた木は
じっと見守り続ける
[PR]
by shun-i831 | 2005-03-22 23:03 | ひとりごと
オオイヌノフグリ----花も迷惑?
オオイヌノフグリ
c0073907_11561376.jpg


畑、道ばたなどに小さく咲いたイヌノフグリ、近づいててみると可愛いい花だ。
この花から犬の陰嚢(ふぐり-ふくらみがあって垂れ下がったもの)など想像もつかない、果実のかたちが良く似ているから付いた名前らしい。花もいい迷惑だろう。
大きな犬の陰嚢もこの花の果実のように小さいのだろうか?

冗談はさておいて、あちこちで咲き誇っている花を良く観察してみるのも面白いですね。
[PR]
by shun-i831 | 2005-03-22 12:25 | 花だより
ねこやなぎ
名前はこの花穂からきたらしい。各地にコロコロ、チンコロ,ネコニヤンニヤンなど猫や犬に例えた可愛らしい方言名があるということだ。まだまだいろいろな、方言で呼ばれていることだろう。

なんとも可愛い名前と、花穂だ。
春の訪れを感じ、冬の衣、芽鱗(鱗片)を脱ごうとしている。
日の光を浴びて、銀白色に輝き、人の目を楽しませてくれる。
c0073907_2091478.jpg

[PR]
by shun-i831 | 2005-03-19 20:11 | 花だより
見るほどに あじわいのある きいな花
c0073907_20415288.jpg

マンサク
神さまもしゃれた花をお創りになったものだ
見るほどに味わいが増してくる・・・・・!


[PR]
by shun-i831 | 2005-03-16 20:49 | 花だより
悠然とした立山、悠々としたカモメ
c0073907_2224238.jpg


天候は下り坂、立山が近くに見えるともうすぐ雨。
カモメたちも、もう分っているのだろうか、天候が崩れてくる前にここに集まる。
どうして分るのだろうか?

悠然とした立山連峰、悠々としたカモメたち。

今まで続いてきた景色、そして、いつまでも続く景色。
[PR]
by shun-i831 | 2005-03-15 22:26
おおのみの 野にふりつもる なごり雪
c0073907_844303.jpg


昨日からの寒波
おおのみを一面真っ白にしたなごり雪
開けかけた梅の花も寒そうに蕾を閉じているようです。

c0073907_8532980.jpg


桜の木も雪の花を咲かせています

おおのみの 野にふりつもる なごり雪


[PR]
by shun-i831 | 2005-03-13 08:59
花だより―ヒイラギナンテン
c0073907_0311463.jpg

ヒイラギナンテンノの花
萼片も黄色く花弁のように見える



庭ではいろいろな花が咲き目を楽しませてくれます。
蝶、虫たちも花につられて少しずつ動き出すことでしょう。
[PR]
by shun-i831 | 2005-03-12 00:34 | 花だより
のんびり屋の雪割草
c0073907_21427.jpg


雪がとけ気温18℃初夏を思わせる陽気、庭の雪割草がやっと咲きました。

暖かな陽気を喜んでのいられません、あちこちからスギ花粉の情報が飛び込んできます。
幸いにも私は、症状が出ていませんが、大勢の方にとっては喜んでばかりもいられない時期のようです。
[PR]
by shun-i831 | 2005-03-10 21:05 | 花だより
大呑の風景-自然
大呑には、忘れつつある日本の原風景が残されています。この原風景こそが宝の山です。気づかずに見過ごしがちな自然・人・伝統。もう一度見直して行きたいと思います。

c0073907_21101321.jpg

ナガセの滝


ナガセの滝…山崎の「大呑(おおのみ)橋」から生出(おいで)の「花山橋」 までの約五百メートルの間は極端に狭められた谷で、両岸の切り立つ断崖である、この地を 「ナガセ」 と呼んでいる。
熊渕川(熊淵川)は海抜27メートル、両岸は海抜130メートルで断崖は100メートルにおよぶ渓谷である。
梅雨時には特に水量のある数条の滝が白く岩肌を削り流れている、この谷間を縫うようにして花園・藤野線の道路が作られている。 春は、岩にへばり付いた潅木の新緑は素晴らしい眺めであり、夏には、熊渕川(熊淵川)のゴロゴロ岩の清流には鮎の姿も見られ太公望の季節である、秋には、渓谷独特の紅葉をみせ四季折々の変化を見せてくれる。(大呑郷土誌より)

この滝もその一つです。潅木が茂り気をつけてみないと見落としてしまいます。潅木を少しだけ整理してあげるともっと目を見張る景色になるでしょう。

大呑の原風景


[PR]
by shun-i831 | 2005-03-08 08:45 | 旬の風景
  

大呑の自然、スローライフを通し大呑の魅力を紹介するブログ
by shun-i831
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お気に入りブログ
◇ こんなページもあります
おおとまり なずみ会
持続できるおおとまりを考えるなずみ会の紹介

ブログ シーサイドライン
七尾市から高岡市へ続くシーサイドラインの紹介

能登・立山シーサイドライン
七尾市から高岡市へ続くシーサイドラインの紹介

飛越能広域観光サイト
飛騨・越中・能登を紹介する広域観光サイト

大呑グリーン・ツーリズム
大呑グリーン・ツーリズムの体験・見所・・・etc、の紹介

Blog大呑@グリーン・ツー
大呑の旬の情報

おおのみ悠々
おおのみから発信する気まぐれブログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧